包茎は悪いことじゃない

包茎とは、男性の性器の亀頭部分に皮が被った状態にあることを言います。包茎のお悩みが一瞬で解決するサイトです。通常は、年齢を重ねるにつれて、皮が次第に下りてきて、亀頭が見えるようになります。種類は3種類あり、仮性、カントン、真性包茎があります。仮性包茎とは、平常時は亀頭に皮が被っている状態ですが、自分で剥いたり勃起する時には、亀頭全体を露出させることができるため、問題ありません。この仮性包茎は、日本人男性の半分以上がこの状態にあると言われています。カントン包茎とは、平常時には亀頭を露出させることは出来ますが、自分で皮を剥いた時に、剥いて集まった皮の部分が性器を圧迫してしまう状態にあることを言います。皮をなんとか剥いても元に戻すことができず、圧迫した状態が続くとうっ血してしまう可能性があります。このカントンは、皮が被っている状態だと、皮と亀頭の間にアカなどが溜まって、感染症などを引き起こす恐れがあります。また、炎症を起こしている状態で性交渉を行うと、女性にも感染してしまい、不妊症の原因となってします。このような状態にある場合、速やかに専門の病院で診察を受ける必要があります。3つ目の真性包茎とは、亀頭と皮の部分がくっついてしまっている状態で、平常時でも自分で皮を剥くことができず、無理に剥こうとすると、激痛が走ります。そればかりか、カントンよりも皮を被っていますので、アカなどによって性器から異臭が放たれるほどの重症の状態にあります。性交渉にも支障をきたし、精子が子宮まで届かないことが多いです。またカントンと同様に、炎症を起こすと女性にも感染します。夫婦で不妊症になる可能性が大いにありますので、早期の手術を受ける必要があります。以上のように、タイプによって、病院での診察が必要なこともありますので、注意が必要です。なお最近では、手術を気軽に行える病院も増えてきています。男性スタッフしかいなかったり、男性器専門といった、デリケートな部分だからこそ、患者さんに最大限の配慮をしている病院もあります。手術については、まず病院でカウンセリングを受け、充分な説明を受けます。その後、手術日を予約して手術を受けます。この手術は、病院によっては日帰りで行うことができますので、体への負担がそれほどかかることはありません。現在では、手術時の痛みもほとんど無く受けられることが多いです。そのため、患者さんも安心して手術に向き合うことができます。

MENU

包茎は悪いことじゃない